あなたがお悩みの腰痛、下半身の痺れ「腰椎椎間板ヘルニア」についてアキュスコープコンディショニングラボが解説します!

このような症状でお悩みではないですか?

座っている状態や立っている状態など同じ姿勢が続くと腰が痛くなる、下半身が痺れる

歩いているとお尻や腰の痛み、下半身が痺れ力が入りにくくなる

運動、重たい荷物を持ち上げたとき、くしゃみなど腰部に負担がかかると急激に痛みが出る、下半身が痺れる

夜中寝ていると腰の痛みと下半身の痺れで何度も目が覚める、寝れなくなる

腰椎椎間板ヘルニアの診断を受け、薬を飲んでいるが症状が変わらない

腰やお尻に熱を持っている感覚があり、腰~下半身にかけて温かい冷たいなどの感覚が鈍くなっている

腰椎椎間板ヘルニアは年齢・性別問わず誰でも発症するリスクのある病気です。
初期症状では腰痛だけのことが多く、安静にしていれば良くなるだろうと見逃されやすく気づいた時には症状が重篤化しているケースも多くみられます。

重篤化するとスポーツや仕事だけでなく日常生活にも支障をきたし今までの生活を失ってしまう可能性があります。

しかし発症後すぐに体のセルフケア(トレーニング・ストレッチ)などを行うことで症状を緩和させることができます。
この記事では
・腰椎椎間板ヘルニアとはどういう状態なのか?
・腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?
・腰椎椎間板ヘルニアになった時にするべきセルフケアとは?
について解説させて頂きます。現在、腰椎椎間板ヘルニアの症状にお悩みの方はぜひ参考にしてみて下さい。

腰椎椎間板ヘルニアとはどういう状態なのか?

まずは「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」とは一体何のことを指しているのかを解説していきます

「腰椎」

腰椎とは脊椎(別名:背骨)の腰の部分のことを言います。
脊椎は頭側から

頚椎(7個)→胸椎(12個)→腰椎(5個)→仙椎(5個、仙椎が連なり一つの仙骨を形成している)→尾椎(2~3個、尾椎が連なり尾骨を形成している)

と名前が付いています。頚椎から仙椎までは靭帯や筋肉などの組織で連なっており一つの支柱のようになっていることから「脊柱」と呼ばれています。脊柱はSカーブのようになっており頭の重さを支えたり、身体にかかる衝撃を緩和させる働きがあります。
腰椎椎間板ヘルニアで重要になるのがもう一つの役割です。
脊柱つまり各脊椎は真ん中が空洞になっておりそれを「脊柱管」と言います。この脊柱管には脳から発生する木の幹にあたる神経の中枢となる「脊髄」という中枢神経が尾椎まで走っておりこの脊髄から木の枝のように手先、足先まで無数の「末梢神経」が発生しています。
腰椎椎間板ヘルニアはこの脊髄の腰周辺の障害により発生します。

「椎間板」

背骨の脊椎同士は密接に連なっており、そのままの状態だと動きたり、衝撃を受ける度に骨同士が擦れたりぶつかりあったりしてしまいます。
そこでこの椎間板というクッションが脊椎の「椎骨」という部分に存在することで脊椎同士が直接ぶつからないように緩衝材の役割をしています。
椎間板は2重構造になっており外側が繊維状になっている「繊維輪」、内側が訳80%以上が水分で出来ており弾力性に富んだ「髄核」という構造になっています。
外側の繊維輪で椎間板の形状を維持しながら、内側の髄核がクッションとなり我々二足歩行の脊椎を守ってくれています。

「ヘルニア」

ヘルニアの語源はラテン語で、日本語にすると「体内の臓器や組織があるべき正常な位置関係から脱出・突出する」という意味があります。その為ヘルニアとは椎間板ヘルニアだけでなく
鼠径ヘルニア・大腿ヘルニア・臍ヘルニア・横隔膜ヘルニアなど他の部位にも使用される言葉です。

そしてこれらの言葉を組み合わせると腰椎椎間板ヘルニアの状態が明らかになります。

腰椎椎間板ヘルニアとは腰椎部分に存在するどこかの椎間板が何らかの原因で正常な位置から脱出してしまうことでその部分が脊髄などの神経を圧迫することで神経症状を伴った病気を発症することを言います。

腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?

腰椎椎間板ヘルニアが発症する原因は全てが明確に分かっているわけではなく、なぜヘルニアの状態になったのか分からないものも存在します。
主な原因と考えられるものは

・同じ姿勢の時間が長く常に身体に振動が伝わる、ドライバーやショベルカーなどの建設・重機機器を取り扱っている方
・トランポリン競技やゴルフなど腰に強い衝撃がかかり続けたり、捻る動きの多いスポーツにより腰に負担がかかり続けて
・加齢に伴い椎間板が脆弱することにより発症
・骨の形状や椎間板などの組織が遺伝的要因により脆弱な方
・交通事故などによる強い衝撃が加わった時

などが挙げられます。
腰椎椎間板ヘルニアは交通事故などの大きな衝撃が加わらない限りは急激に痛くなることは少ないですが、椎間板に負担がかかり続けて組織的に弱っている状態で重い物を持ち上げるなど急激な力が加わるとぎっくり腰のようにその場で激痛が走り動けなくなることもあります。
椎間板は日常生活のレベル以上に押しつぶされる力・捻じれる力がかかり続けることで少しずつ損傷し最終神経を圧迫してしまいます。
仕事でこのような負担が避けれない場合でもトレーニングやストレッチにより筋肉で身体を支えることが出来ればヘルニアのリスクを軽減させることも出来ます。

腰椎椎間板ヘルニアになった時にするべきセルフケアとは?

今回紹介するセルケアはあくまでも初期症状や予防として行うものです。
現在すでに下半身の脱力感・痺れ・腰やお尻の痛みの酷い方はなるべく安静にし速やかに専門機関の受診を行って下さい。

【太もも裏のストレッチ】

仰向けに寝て行います。太ももの裏を片足ずつ伸ばしていきます。伸ばす側の太ももの裏を両手で掴み股関節90度、膝90度まで曲げていきます。そこから股関節の角度をキープしたまま膝を伸ばしていきストレッチを行います。
太ももの裏全体が伸びるのを感じたら10秒〜15秒キープ、逆脚も行っていきます。

【身体を支える腹筋のトレーニングとストレッチ】

仰向けに寝て行います。両足を肩幅程度広げた状態で股関節、膝関節90度まで上げていきます。
その足幅をキープしたまま両足を左右に振っていきます。この時足幅のキープが難しい方は膝の間でボールを挟むなどで対処しましょう。この時脇腹に伸びる感じと腹筋全体に力が入っている意識をしていきます。
3往復を3セットほど行っていきます。

【身体を支える背筋と肩甲骨のストレッチ】

四つん這いで行います。片方の手の甲を背中に当てます、しんどい方は腰ぐらいの高さで行います。支えている方の肘はしっかりと伸ばし状態にします。
背中に手を当ててる方に身体を捻っていきます、この時肩甲骨を背骨に引き寄せる動きを意識しながらしっかりと脇腹も伸びていきます。
伸びているのを感じたら10秒〜15秒キープします。

これら各ストレッチを寝る前などに1~3セット行いましょう。
しかしあくまでも冒頭にあるように症状が悪化している場合は無理に行わないようにしましょう。

アキュスコープコンディショニングラボの腰椎椎間板ヘルニアへの施術

腰椎椎間板ヘルニアへの整体に関して独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
この方法は原因で挙げさせていただいた内容を自宅でも行える形でなおかつ唯一無二の内容となります。
整体は「ヒモトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。
詳細が気になる方はいつでもお問い合わせください。
その他、微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。

  • 原因
    追求
  • 施術
    確認
  • 回復
    予防
1.触診・エコー検査

基本となる触診だけでなく超音波(エコー)観察装置を完備しており、靭帯・骨・筋肉の損傷部位の特定、炎症の状態などを検査することができます。
エコー検査と伴にタブレットを用いて更に細かい現在の症状・外傷についてご説明させて頂います。

2.姿勢、重心、バランスのチェック

患者様に合わせた適切な施術を行うために、身体の歪みやバランスのチェックを行います。
姿勢・関節の可動域のチェックに加えてスティムアップ(高反発マット)やバランスボードを使用し、身体の癖や重心、バランスも確認を行っていきます。

3.姿勢、重心、バランスのチェック

問診から行った検査を基に状態の説明と施術内容の確認をさせて頂きます。
特殊微弱電流治療器「アキュスコープ」「マイオパルス」で施術を行います。日本では台数がまだまだ少ない施術方法なので丁寧にご説明させて頂きます。全て説明後、施術を始めさせて頂きます。

4.施術後の状態確認と日常生活指導

施術後、身体の症状お程度や動きのチェックを行い、日常生活で行って頂きたいストレッチやケア、注意すべき点などのご説明をさせて頂きます。
ご予定に合わせて次回からの来院頻度や施術計画を再確認し終了となります。

お会計

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。