腰の痛み、足の痺れ、じっとしていても痛みがずっと続いているなどの症状にお悩みの方、それは「坐骨神経痛」かもしれません。
坐骨神経痛はぎっくり腰などの腰痛をきっかけに発症することもありますが、ほとんどが原因の特定が難しい症状の一つです。
「そもそも坐骨神経のことをよくわかっていない」「自分の症状は坐骨神経痛なの?」「坐骨神経痛の原因は?」
などの疑問にお答えしていきます。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は坐骨神経に何らかの原因によって圧迫や刺激されることで神経に沿って痛みやしびれなど不確定な症状が出ることを指します。正確には坐骨神経痛は症状であって病名でありません。

まずは坐骨神経がどのように走行していて、どのような役割を担っているのかを説明させて頂きます。

坐骨神経の走行と支配

坐骨神経痛と聞くと一般的なイメージとしてお尻や足全体に症状が出るというのが挙げられますが、実際に坐骨神経がどのように走っているのか正確に知っている方は少ないと思います。
人間の神経は大きく分けると脳や脊髄神経の「中枢神経」とそこから枝分かれして身体の末端に伸びる神経を「抹消神経」に分けられます。

構造としては脳から脊髄が発生し、脊髄は背骨の中を頚椎〜お尻の付け根の仙骨まで通って下降します。
「坐骨神経」は第4腰髄〜第3仙髄から枝分かれし足先まで伸びている「末梢神経」の分類になります。腰、お尻の付け根からお尻の筋肉の中を通りそのまま太ももの後ろを膝裏まで下降していきます。

膝裏まで来ると次は「総腓骨神経」「脛骨神経」に枝分かれします。総腓骨神経は膝裏から脛の外側そしてそのまま下降し足の甲、足先に伸びていきます。脛骨神経は膝裏からふくらはぎを下降し足裏、足先に伸びていきます。

総腓骨神経

脛骨神経

坐骨神経痛とはこの坐骨神経、ひどくなれば図の赤矢印のように坐骨神経から分岐する総腓骨神経や脛骨神経に沿って症状を出ることを言います。

坐骨神経の役割とは?

次に坐骨神経は身体にとってどのような役割を担っているのでしょうか。役割を知ることで自分自身の現在の症状が筋肉を痛めているだけなのか、神経痛なのかという判別がしやすくなります。
そもそも抹消神経とはどのような仕事をしてくれているのか。抹消神経の仕事は主に身体と組織と中枢神経の「連絡路」になります。

例えば五感である触覚・味覚・嗅覚・視覚・聴覚は身体の外や身体への環境の変化を感じる取るために必要な感覚です。五感で感じた刺激は、脊髄・脳に伝わることでその刺激に対して身体に脊髄・脳から指令を送ります。末梢神経はこの身体に起きる環境の変化を中枢神経に、中枢神経から身体に情報を伝える仕事を担っています。身体の外で起きる変化だけでなく、内臓などの体内の組織や環境の変化の情報伝達をしています。

坐骨神経は上記で説明した走行沿いに起きる身体の変化、環境の変化、更に中枢神経からの命令の連絡路になります。腰から下は基本的に内臓は生殖器、その他は筋肉と皮膚という組織が占めています。関係する内容としては排尿のコントロール、皮膚の触覚、筋肉の緊張のコントロール、関節の動きの感覚が主となります。坐骨神経痛ではこれらの働きに何らかの障害をきたすことになります。

坐骨神経痛の特徴

原因が非常に分かりにくく不特定であること。

・坐骨神経に沿って症状は出るが、症状の範囲は人によってバラバラである。
・症状の度合いは身体の状態によって刻々と変化する。
これといったきっかけもなくある日突然、発症することがある。
・症状によっては動いている時より、長い時間立っている、座っている、寝ている状態の方がひどいことがある。
・神経の役割である、運動、内臓、感覚の機能が低下もしくは麻痺する為、力が入らない脱力感、尿失禁や頻尿などの排泄障害、温度感覚や触覚などの感覚障害が起きる。

など筋肉や靭帯、骨などの損傷に比べると身体の機能の低下が顕著に現れるのが坐骨神経痛の症状の特徴です。慢性的な腰痛をお持ちの方は特に坐骨神経痛の初期症状に気づきにくく、身体の異変に築いた時には症状が既に悪化している状態というのも珍しくありません。いつもより腰痛がひどくなる間隔が短くなったり、痛みの範囲が広くなったり違和感に気づくことが重要になります。

坐骨神経痛の原因として考えられることは?

ここまでは坐骨神経や特徴についてお話しさせていただきましたが、実際に症状が発症する原因となるものは何なのか。坐骨神経痛はまだはっきりとした原因が100%正確に判明するわけではありません。この記事を読まれている方にもいくつもの病院で検査しても原因がわかっていない方もいらっしゃる方と思います。しかし坐骨神経沿いに症状が出ている以上、その神経のどこかにストレスがかかっていることがほとんどです。その神経にストレスを与えている原因として

a、腰椎椎間板ヘルニア
b、脊柱管狭窄症
c、梨状筋症候群
d、脊髄腫瘍

などが考えられます。
これらの病態はどれも坐骨神経を直接、もしくは脊髄事態に何らかの形で刺激を加えるものです。

a、 椎間板ヘルニア

「椎間板」という組織は脊椎(背骨)の間に挟まれているクッションの役割を担っている板状の組織を指します。椎間板があることで骨同士が直接ぶつかったり、擦れる衝撃を避けることが出来ます。
「ヘルニア」の語源はラテン語で日本語にすると飛び出すという意味があります。
ヘルニアは体内にある組織や臓器が正常な位置から逸脱・脱出している状態を指します。

つまり椎間板ヘルニアというのは椎間に存在する椎間板の一部が破損し、もともとの位置から脱出し脊髄に触れる状態を言います。第4腰髄より下が圧迫されると坐骨神経痛を発症することがあります。

しかし、椎間板ヘルニアの状態でも無症候性と言って症状がないものも存在するので、現在の自分の症状と合わせてしっかりと見極める必要があります。

b、 脊柱管狭窄症

首からお尻の付け根まで連なっている背骨には脊柱管と呼ばれるトンネル状の空洞が存在します。この脊柱管の中に脳から続く神経の束、脊髄が通っています。
脊柱管狭窄症は脊柱管が何らかの原因で狭くなり中を通る神経を圧迫してしまう病態を指します。
原因は様々あり

・加齢により背骨が変形し、その一部が神経を圧迫する
・腰の負担の蓄積により靭帯、筋肉が肥厚して圧迫する
・腰部付近に起きる病気や腫瘍により圧迫される

などがあります。

c、梨状筋症候群

梨状筋とは骨盤から大腿骨に付着する筋肉で、お尻の深部にある筋肉の一つです。
梨状筋の役割は股関節の外旋(立った状態でつま先を外に向けた時の股関節の動き、お父さん座りの時の角度)と
安定性(片足立ちの時に身体が倒れないようにする)
があります。
梨状筋の直下を坐骨神経が通っている為、

・仕事や家事で中腰の姿勢で作業する事が多い
・スポーツやトレーニングによる梨状筋への負荷の繰り返し
などにより梨状筋の柔軟性が低下する事で坐骨神経に刺激を与える事で神経痛の症状が発症することを梨状筋症候群と言います。

梨状筋の柔軟性が低下することは坐骨神経痛だけではなく身体の不安定性が顕著に現れる為
パフォーマンスの低下
日常生活において他の部位への負担が
現れます。

d.脊髄腫瘍

脊髄腫瘍とは、脊髄やその近くに存在する神経根を取り巻く組織に腫瘍が出来ることを言います。
一つの腫瘍を指すわけではなく、他の場所で生じたがんの転移、髄膜腫
など数多くの腫瘍を統合した病名です。
これら腫瘍が神経を圧迫する事で坐骨神経痛を発症します。

坐骨神経痛に関する原因はその他にも様々考えられます。
時には脊髄腫瘍のように重大な病気の兆候である可能性もあります。
坐骨神経痛という名前にもあるように坐骨神経に沿っての痛みが顕著に現れることが多く、神経は深層部の筋肉も支配していることや坐骨神経の走行が身体の背面であることからなかなか自分の手でマッサージなどを行うことが困難です。

症状が出た時はとにかく痛みが楽な姿勢を取り
ネットだけの情報で自分で原因を判断せずすぐに専門機関にかかりましょう。

アキュスコープコンディショニングラボの坐骨神経痛への施術

坐骨神経痛への整体に関して独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
この方法は原因で挙げさせていただいた内容を自宅でも行える形でなおかつ唯一無二の内容となります。
整体は「ヒモトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。
詳細が気になる方はいつでもお問い合わせください。
その他、微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。

  • 原因
    追求
  • 施術
    確認
  • 回復
    予防
1.触診・エコー検査

基本となる触診だけでなく超音波(エコー)観察装置を完備しており、靭帯・骨・筋肉の損傷部位の特定、炎症の状態などを検査することができます。
エコー検査と伴にタブレットを用いて更に細かい現在の症状・外傷についてご説明させて頂います。

2.姿勢、重心、バランスのチェック

患者様に合わせた適切な施術を行うために、身体の歪みやバランスのチェックを行います。
姿勢・関節の可動域のチェックに加えてスティムアップ(高反発マット)やバランスボードを使用し、身体の癖や重心、バランスも確認を行っていきます。

3.姿勢、重心、バランスのチェック

問診から行った検査を基に状態の説明と施術内容の確認をさせて頂きます。
特殊微弱電流治療器「アキュスコープ」「マイオパルス」で施術を行います。日本では台数がまだまだ少ない施術方法なので丁寧にご説明させて頂きます。全て説明後、施術を始めさせて頂きます。

4.施術後の状態確認と日常生活指導

施術後、身体の症状お程度や動きのチェックを行い、日常生活で行って頂きたいストレッチやケア、注意すべき点などのご説明をさせて頂きます。
ご予定に合わせて次回からの来院頻度や施術計画を再確認し終了となります。

お会計

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。