足底筋膜炎についてアキュスコープコンディショニングラボが解説します!

足底腱膜炎(足底筋膜炎) | 生駒市えだ整骨院

こんな症状でお困りではありませんか?

歩行時にかかとやその周辺が痛い

足の裏を押すと痛い

足の裏が突っ張っている感じがある

夕方になると痛みが強くなる

運動後に痛みが出る、運動翌日に痛みが出る

朝痛いが、動くとマシになる

階段の上り下りやつま先立ちをすると痛い

 

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)は、別名=足底腱膜炎(そくていけんまくえん)といわれ、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気です。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こります。主に40~50歳代以上で発症しますが、若い世代でも運動している学生にも多いスポーツ障害でもあります。

足底アーチ | CramerJapan

足底筋膜は、アーチ状になっている足の『土踏まず』を支える重要な役割をもっており、足への衝撃を和らげるクッションの働きもあります。このクッション機能が低下し、足底筋膜に過剰なストレスが加わることで、足底筋膜と骨の付着部で炎症が起きます。足底筋膜が固くなることでうまく伸び縮みできずに足底筋膜がくっついている踵や親指の下あたりの筋肉などを無理に引っ張ることで筋肉に小さな傷や組織の変性が生じるため、足底筋膜炎は腱付着部障害と言われています。

この腱付着部障害はオーバーユース、つまり何度も引っ張られ、その力学的ストレスにより腱付着部自体に微小外傷が生じ、その発生と修復のバランスが崩れることで症状が引き起こすとされています。
そのためオーバユースになった原因をしっかり改善し、再発予防を行うことが大切です。

原因

強い衝撃を足に繰り返し与えているスポーツなどをしている

繰り返し衝撃を足裏に与えることで、足底筋膜や筋肉は固くなります。
足裏の筋肉に、毎日適切なケアを行わず繰り返し衝撃を与えると、筋肉は固くなり足底腱膜炎になることがあります。
また、アスファルトなど地面が硬い道は、地面からの衝撃もより強く返ってくるため負担が強くなります。

疲労の蓄積・加齢

長時間立ち仕事などによる疲労や加齢によっても足底筋膜が固まり、クッション機能が低下することで、足底筋膜炎になる場合があります。
「歩き続けている」「太っている」からなりやすいとは言い切れません。

足のアーチの高さが崩れている人

足のアーチが高すぎる人(ハイアーチ)・低い人(偏平足)は不均等なストレスが足の裏にかかりやすい為、足底筋膜に負担がかかりやすくなります。
足裏にタコが出来ている人はアーチが崩れている人が多いので、注意が必要です。

ふくらはぎやアキレス腱が硬い人

ふくらはぎやアキレス腱が硬いと引き上げる力が弱くなるので、足の踏み返しを足底筋膜で負担しやすくなります。

新しい靴に変えた

かかとが固定されない靴、靴底が薄すぎる靴、クッション性がない靴などは、足底筋膜に負担がかかりやすいです。
特に靴のサイズが合ってない場合、歩いている時に靴の中で足が前後に動いてしまい、これも足底筋膜に負担がかかりやすい原因になります。
靴の中で足が動かないことで足底筋膜に負荷をかけずに歩くことができます。

現代は、昔に比べ、足のアーチを支える力が弱くなった人が増えています。靴の発達や運動不足など様々な原因が考えられます。
足のアーチが、体重や衝撃を支える力が弱くなると、足底筋膜に負担がかかりますので、硬くなりやすくなり足底筋膜炎になりやすいです。

症状

これを読めば安心!!足底腱(筋)膜炎で悩んでいる方への解消法!|大阪市北浜・守口市の整骨院ならA.T.長島治療院へ

・踵に近い(腱膜起始部に最も多く発生)
・中央部(土踏まず)
・つま先の付け根(指の関節)

上記の3つが好発箇所になります。

・歩くと、踵やその周辺が痛い
・足の裏を押すと痛い
・足の裏が、つっぱている感じがある
・夕方になると痛みが強くなる
・運動後、痛みが出る。運動翌日が痛い
・朝痛いが、動いていると徐々に軽減してくる
・階段やつま先立ちなどをすると痛い

症状には個人差があり、急に強い痛みが出たり、徐々に痛みが強くなる方もいます。歩行は日常生活において必ず行う動作です。一度発症すると歩行を辞めることは出来ないため、患部への負担が常にかかり、痛みの軽減が難しく治りにくい場合もあります。症状が進行し、なかなか治らない場合は半年、1年以上症状が持続する方もいます。

評価

動きはじめの一歩目が痛いという兆候が見られ、そのままトレーニングを継続すると、歩行、走行中に足が地面につく瞬間や離れる瞬間に痛みや違和感を感じたりした場合、足底筋膜炎を疑います。
上記の兆候、痛みがある場合には、足底に負担のかかるトレーニングを一時中断しなければならない場合があります。当院で受診してもらってトレーニングの中止か軽減か、そして復帰の時期などを相談してください。炎症や痛みがある間はアイシングを十分に行いましょう。 ランニングを一時中断する必要がある場合は、プールでのトレーニング(水泳、歩行)や自転車など足底に負担がかからないもので心肺持久力の低下を防ぎます。自転車は本来ペダルの上に母指球をおくことが正しいのですが、症状が強い場合には、踵でペダルを踏むことで、足底への負担を減らすことができます。

改善法

インソールの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

急性期は局所の炎症を抑えることが先決です。なんといっても第1選択は、局所の休息(ランニング、ジャンプ練習の休止)になります。足底部へ直接的、あるいは間接的(下腿などへ)に電気療法を行い、痛みを和らげます。スポーツ現場では、足底から下肢にかけてのストレッチ、テーピングや足底板、インソールを使用して足底部のアーチ形態を機能的、解剖的に補正して、負担を和らげます。
保存療法で痛みがなかなか治まらず、踵骨付着部の骨棘による疼痛が強い場合は、骨棘の骨切除術を行う場合もあります。

エアロバイクの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

急性期におけるトレーニングの基本は、足に負担の軽い非荷重運動を行うことです。リハビリ初期にはプール歩行やエアロバイクを積極的に取り入れましょう。

 

当院では

  • 原因
    追求
  • 施術
    確認
  • 回復
    予防
1.触診・エコー検査

基本となる触診だけでなく超音波(エコー)観察装置を完備しており、靭帯・骨・筋肉の損傷部位の特定、炎症の状態などを検査することができます。
エコー検査と伴にタブレットを用いて更に細かい現在の症状・外傷についてご説明させて頂います。

2.姿勢、重心、バランスのチェック

患者様に合わせた適切な施術を行うために、身体の歪みやバランスのチェックを行います。
姿勢・関節の可動域のチェックに加えてスティムアップ(高反発マット)やバランスボードを使用し、身体の癖や重心、バランスも確認を行っていきます。

3.姿勢、重心、バランスのチェック

問診から行った検査を基に状態の説明と施術内容の確認をさせて頂きます。
特殊微弱電流治療器「アキュスコープ」「マイオパルス」で施術を行います。日本では台数がまだまだ少ない施術方法なので丁寧にご説明させて頂きます。全て説明後、施術を始めさせて頂きます。

4.施術後の状態確認と日常生活指導

施術後、身体の症状お程度や動きのチェックを行い、日常生活で行って頂きたいストレッチやケア、注意すべき点などのご説明をさせて頂きます。
ご予定に合わせて次回からの来院頻度や施術計画を再確認し終了となります。

お会計

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。