腱鞘炎イラスト/無料イラストなら「イラストAC」


普段の生活で腱鞘炎になった、もしくは身の回りの人がなっているという人も多いと思います。当院の患者さんでも「腱鞘炎になったから診てほしい」と言って来院される人も多く一般の人でも腱鞘炎と自覚できているケースも少なくありません。
今回はそんな腱鞘炎の中でも代表的な「ドケルバン病」と「ばね指」について説明していきます。


骨と筋肉をつないでいる組織を「腱」といいますが、腱が通るトンネルである「腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こしてぶ厚く狭くなり、腱がスムーズに腱鞘を通過できなくなった状態が腱鞘炎と言われています。
狭窄性腱鞘炎と呼ばれるものがその代表で、伸筋腱(親指を伸ばす腱)が狭窄されて起きるのが「ドケルバン腱鞘炎」で、指を曲げる屈筋腱に炎症が出るのが「ばね指」です。
妊娠・出産期や更年期の女性が、ホルモンの変化がきっかけになって多く発症するほか、スポーツや仕事で手や指をよく使う人にも見られるのが特徴で、近年はスマートフォンの長時間利用で発症する人も増えています。

ドケルバン腱鞘炎


手首の親指側に痛みと腫れがでて、親指を伸ばしたり、曲げたりすると痛みが強くなります。
痛みが出る場所は第一コンパートメントという腱鞘部分で、その中は長母指外転筋腱と短母指伸筋腱という親指を動かす二つの腱が滑走しています。
腱鞘が肥厚すると腱の滑走が障害され炎症が起きます。

原因


ドケルバン病を起こしやすい人は、親指をよく使う人です。スマートフォンをよく使う人や、パソコンの操作、ギターやピアノなどの楽器演奏、スポーツをする人も起こりやすい傾向があります。特に手首の腱鞘に負担をかけるのが、手首を曲げながら親指を動かす動作です。
更年期の女性では、親指や手首を酷使していなくても起こることがあります。
原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンのバランスが乱れることで手がむくみやすくなることが、炎症と関係すると考えられています。
また、意外に多いのが、出産前後の女性です。出産後数か月の首のすわっていない赤ちゃんを、頭を支えながら抱っこしたり、抱き上げるときの姿勢が、手首の腱鞘に負担をかけるために起こりやすくなると考えられています。
また、糖尿病がある人も、手足の血流が悪くなっているためにむくみやすく、炎症が起こりやすいことがわかっています。
更年期の女性や糖尿病がある人は、ドケルバン病だけでなく、他の腱鞘炎や手の痛みも起こりやすいので、手の使いすぎには注意してください。

セルフチェック「アイヒホッフテスト(フィンケルシュタインテスト)」

手首の親指側が痛む場合自分でできるセルフチェックがあります。

image

親指を他の指で隠すように握り、そのまま手首を小指のほうに傾けます。この動作が痛みのためにできない場合は、ドケルバン病の可能性があります。これは、実際に診断に使われているチェック方法です。
動作はできるけど軽い痛みを感じる場合、ドケルバン病である可能性は低いですが、無理に続けないようにしてください。

施術法


腱鞘炎になった場合は放置せず、出来るだけ早く施術を開始したほうが症状の改善が早くなります。
しかし、『治したいけど、どうすればいいか分からない』『どんな治療法があるのかわからない』と疑問を持っている方もいると思います。
腱鞘炎は重症度によって効果的な治し方が異なってきますが、今回は手術以外の方法を当院がしていることも含めていくつか紹介していきます。

微弱電流治療器「アキュスコープ マイオパルス」


痛みがでているところの炎症反応を早期にとって、その腱の筋肉はもちろん、そもそもなぜ痛みが出ているところになぜ負担がかかったのか他の箇所も見て施術していきます。

テーピング


テープで手を固定し、指や手首をなるべく動かさないようにして腱鞘炎の炎症を抑える方法です。腱鞘炎が軽症の場合は、テーピング施術が効果的です。

キネシオテープを使います

image

① 親指の第一関節から痛みが出ているところに向かって張ります
② 青線のように①のテープがずれないように手首に一周します
③ ②と同様に①がずれないように端を一周します

外用鎮痛消炎薬


痛む部位や症状に合わせた外用鎮痛消炎薬を選んでください。
また、外用鎮痛消炎薬にはクリーム剤やローション剤、ゲル剤といった塗り薬のほか、湿布剤やテープ剤といった貼り薬があります。
注意点は、皮膚が敏感な人だと、薬が肌に合わなくてかぶれやすいことがあります。薬を使用する前に、必ずパッチテストを行うようにしてください。
また、妊娠中の人や子供、ぜんそくを起こしたことがある人は、外用鎮痛消炎薬の成分の中に注意が必要なものもあるため、注意が必要です。

予防法


症状が改善したのにまた痛くなってしまっては意味がありません。
再発予防の簡単にできる方法を紹介します。

できるだけ安静にする


腱鞘炎になってしまう主な原因は、「指や手の使いすぎ」です。そのため、手や指を安静にさせることで腱鞘炎を事前に防ぐことができます。
もし、『日頃からよく手を使うから難しい』といった場合は、1~2時間に一度、手を休ませてください。安静にできなくても、こうして少しずつでも休憩を取ることが腱鞘炎の予防に繋がってきます。

ストレッチをする

1.伸ばしたい側の手を正面にする
2.人差し指から小指までを、もう片方の手で掴んで10秒ほど反らす。
3.反対の手も同様に行う。

アイシング


手首に痛みがひどい時は痛いところを氷水で10分程度冷やすことにより、腱の炎症を抑えることが可能です。

ばね指


ばね指とは、指が伸びなくなって曲がったままになり、伸ばそうとするとばねの様に急に伸びる病気です。
指に靱帯性腱鞘という部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。 これを“ばね指”と呼んでいます。
発症年齢は50代から増加して60代後半から70代が一番多く、男女比は全体の70ハーセント弱が女性で男性よりも多いです。

原因


多くは年齢構成が60代で多いことをみると、年齢的変化を考えますが、70代以降に低下傾向があるところをみると決して年齢だけではないように思います。
また、女性が多いことより女性ホルモンの関係についての報告は多くみられます。
また、手を使うことが多い仕事では職業的原因も考えられます。

症状


指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘との間で炎症が起こると腱鞘炎になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することが多いです。 進行するとばね現象が生じてばね指となり、さらに悪化すると指が動かない状態になることもあります

診断


指の付け根に腫れや押すと痛い、ばね現象があれば診断は簡単です。
糖尿病、リウマチ、透析患者では、多く見られます

施術法と予防法


基本的にドケルバン病と同じで、出来る限り安静にして、電気での施術やアイシング、シップや塗り薬で痛みが出でいるところの炎症をおさえていきます。

腱鞘炎は痛みや違和感が出たくらいの初期段階で適切な治療をすると、痛みがひどくなるのを予防できることが多いです。
ケガをしているところには基本的に炎症反応が起こりますが、その炎症反応に対して消炎効果、痛めている組織の回復を最大限にしてくれるのが「アキュスコープ・マイオパルス」です。
微弱電流なので電気を感じることもほとんどなく電気治療が苦手というひとでも安心して受けていただくことが可能です。
わからないことがあれば是非当院へご相談ください。

  • 原因追求
  • 施術確認
  • 回復予防
1.触診・エコー検査

基本となる触診だけでなく超音波(エコー)観察装置を完備しており、靭帯・骨・筋肉の損傷部位の特定、炎症の状態などを検査することができます。
エコー検査と伴にタブレットを用いて更に細かい現在の症状・外傷についてご説明させて頂います。

2.姿勢、重心、バランスのチェック

患者様に合わせた適切な施術を行うために、身体の歪みやバランスのチェックを行います。
姿勢・関節の可動域のチェックに加えてスティムアップ(高反発マット)やバランスボードを使用し、身体の癖や重心、バランスも確認を行っていきます。

3.姿勢、重心、バランスのチェック

問診から行った検査を基に状態の説明と施術内容の確認をさせて頂きます。
特殊微弱電流治療器「アキュスコープ」「マイオパルス」で施術を行います。日本では台数がまだまだ少ない施術方法なので丁寧にご説明させて頂きます。全て説明後、施術を始めさせて頂きます。

4.施術後の状態確認と日常生活指導

施術後、身体の症状お程度や動きのチェックを行い、日常生活で行って頂きたいストレッチやケア、注意すべき点などのご説明をさせて頂きます。
ご予定に合わせて次回からの来院頻度や施術計画を再確認し終了となります。

お会計

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。