あなたがお悩みのばね指についてアキュスコープコンディショニングラボが解説します!

このような症状でお悩みではないですか?

朝、起床後すぐは指がこわばり曲げ伸ばしがしにくい

常に指の曲げ伸ばしがスムーズではなく、引っ掛かり感がある

日常生活・仕事で指を使った後、手のひら側の指のつけ根に腫れ・熱感・押さえると痛みがある

指を曲げると曲がったままロックしたように伸びなくなる

曲がった指を逆の手で無理やり伸ばすと縮んだばねが急に伸びるような(ばね現象)伸び方をする

スマホやパソコン作業など手先の動きのあと指が痛み

動かしていない安静時にもずきずきと指のつけ根に疼く痛みがある

世間的な認知度も高いばね指は日常生活・仕事など一般の方にも多発する指を曲げる筋肉におきる傷病の一つです。
今までは比較的、女性に多く発症すると言われていましたが、現在ではスマートフォンやデスクワークの影響もあり年齢・男女問わず発症するリスクが増加していると言われています。

症状が初期で軽度な状態であればこわばり感や違和感程度ですが処置が遅れると重篤化するケースがあります。

ばね指の症状が悪化すると指が伸びなくなる現象だけでなく広い範囲で痛みや腫れ、熱感を伴い日常生活に支障をきたすことがあります。
初期症状の段階でいつか治ると放置せず早急に対処する必要があります。
この記事では
・ばね指とはどういう状態なのか?
・ばね指の原因とは?
・ばね指を発症した時にするべきセルフケアは?

について解説させて頂きます。現在、ばね指にお悩みの方はぜひ参考にしてみて下さい。

ばね指とはどういう状態なのか?

腱

ばね指とは指を曲げる時に緊張する腱の部分に後発する「腱鞘炎」の一種を指します。別名「弾発指」とも呼ばれ、腱鞘炎の症状が進行することでスムーズに腱が動きずらくなり指を伸ばすときに引っ掛かりバネのように急激に伸びる「ばね現象」という症状を引き起こします。

腱…筋肉は骨から骨へと付着しており骨に付着する部分の組織を腱と呼びます。
腱は負担のかかりやす部分となっている為繊維性の丈夫な組織となっており筋肉の緊張を効率よく伝達し関節を動かす役割も担っています。
腱鞘…腱を包み込んでいる、名前の通り鞘のような形になっており腱が滑らかに動く為にある組織です。腱鞘には液が含まれており潤滑油のような働きをしています。
腱鞘炎…腱鞘の中に腱が滑走していますが、腱と腱鞘の摩擦により炎症が起こることを指します。

ばね指

指の腱の部分には図のように複数の腱鞘が存在しており腱が骨から浮き上がらないように抑え、筋肉の緊張を円滑に伝える滑車(プーリー)の役割をしています。
ばね指ではこの指の腱鞘と腱の摩擦により腱鞘炎を起こし障害を起こすことを言います。腱鞘炎の症状が悪化すると腱の部分が腫れてきます。
腱が腫れてしまうと腱鞘のトンネルの部分で引っ掛かり指が伸びにくくなります。これが「ばね現象」と呼ばれる症状です。
特に指先の方より掌側のA1プーリと呼ばれる方に好発します。

【症状の特徴・経過】

性別は関係なく男女ともに発症する可能性があります。女性の場合は更年期・妊娠中などホルモンバランスの変化により好発します。
好発する指は中指と薬指に多く見られます。
初期症状では朝方に症状が強く指がこわばり痛みも強くでます。症状が進行すると日中でも指を伸ばそうとすると引っ掛かり伸びない症状が現れます。
このまま症状が悪化すると関節が固まり動かなくなる拘縮が起き、最悪手術により切開することが必要となります。
いかに症状が現れた初期の段階でリハビリを始めるかが重要となります。

ばね指の原因とは?

ばね指

ばね指では日常生活や仕事の内容などに影響を受けることがあるため「年齢」「性別」は問わず発症するリスクがあります。
原因として挙げられるのが

・土木、内装クロス、塗装関係の仕事で腕や指に常に力が入る仕事
・キーボード、スマートフォンの入力作業が多い
・楽器の演奏などで指や腕をよく使う
・糖尿病などで組織に変形などの病変をきたす持病をお持ちの方
・更年期、妊娠によるホルモンバランスの変化による関節の動きに変化に伴い発症する

などがあります。
指を曲げる筋肉は肘付近から繋がっているものもあるため、指の動きだけでなく腕周りの筋緊張が続くことが多いと発症のリスクが上がります。

筋肉 筋肉

日常的に使用頻度の高い環境である場合、出来るだけストレッチなどのセルウフケアにより発症するリスクを下げることが出来ます。

ばね指になった時にするべきセルフケアとは?

ばね指は初期症状では明らかな痛みなどは少ないケースがありますが指のこわばりなど動作に支障が出てきます。出来るだけセルフケアを行い症状の改善を行っていきましょう。

【指先、腕のストレッチ】

ストレッチ

まずはとてもシンプルではありますが前腕部をストレッチしていきます。図のように肘を伸ばし手首を反らしながら行います。
伸びている感じたらそこで10秒〜15秒キープします。

【指のストレッチ、マッサージ】

ばね指の初期症状では腫れもまだ酷くない為、直接掌側の筋肉を全体的にマッサージしていきましょう。
手でマッサージするのがしんどい場合、テニスボールなどで行うと負担が減ります。

【腕と肩甲骨のストレッチ】

立った状態で行っていきます。まずバンザイをした状態で手のひらは外側を向くようにします。この時出来るだけ胸を張り、両方の肩甲骨を背骨にくっるけるように寄せていきます。肘に痛みのある方は出ない程度に手のひらを外に向けます。
そのまま腕を下ろしていきます、この時、より肩甲骨を寄せ、胸を張っていきましょう。一番下まで下ろしたらその場で10秒~15秒キープします。

これら各ストレッチを寝る前などに1~3セット行いましょう。

アキュスコープコンディショニングラボのばね指への施術

ばね指への整体に関して独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
この方法は原因で挙げさせていただいた内容を自宅でも行える形でなおかつ唯一無二の内容となります。
整体は「ヒモトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。
詳細が気になる方はいつでもお問い合わせください。
その他、微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。

  • 原因
    追求
  • 施術
    確認
  • 回復
    予防
1.触診・エコー検査

基本となる触診だけでなく超音波(エコー)観察装置を完備しており、靭帯・骨・筋肉の損傷部位の特定、炎症の状態などを検査することができます。
エコー検査と伴にタブレットを用いて更に細かい現在の症状・外傷についてご説明させて頂います。

2.姿勢、重心、バランスのチェック

患者様に合わせた適切な施術を行うために、身体の歪みやバランスのチェックを行います。
姿勢・関節の可動域のチェックに加えてスティムアップ(高反発マット)やバランスボードを使用し、身体の癖や重心、バランスも確認を行っていきます。

3.姿勢、重心、バランスのチェック

問診から行った検査を基に状態の説明と施術内容の確認をさせて頂きます。
特殊微弱電流治療器「アキュスコープ」「マイオパルス」で施術を行います。日本では台数がまだまだ少ない施術方法なので丁寧にご説明させて頂きます。全て説明後、施術を始めさせて頂きます。

4.施術後の状態確認と日常生活指導

施術後、身体の症状お程度や動きのチェックを行い、日常生活で行って頂きたいストレッチやケア、注意すべき点などのご説明をさせて頂きます。
ご予定に合わせて次回からの来院頻度や施術計画を再確認し終了となります。

お会計

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。