更年期障害についてアキュスコープコンディショニングラボが解説します!

誰もが一度は聞いたことがある更年期障害。更年期は女性なら誰しも通る道ですが、ほとんど不調を感じずに過ごす人もいます。更年期症状は、性格やストレスなど精神的なものや、子育てから手が離れる、親の介護といった環境にも左右されやすいため、人によって重かったり軽かったり、自覚がなかったりもします。また、例えば「頭痛」と「手足の冷え」というように異なるいくつもの症状が重なって現れる、「頭痛」が治ったら次は「めまい」というように日によって違う症状が現れるという特徴があります。検査をしてもどこにも異常がないのにつらい症状が現れるものを「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といい、更年期の症状はまさに「不定愁訴(ふていしゅうそ)」の代表といえます。

 

更年期障害の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

更年期障害とは

更年期とは“生殖期(性成熟期)と非生殖期(老年期)の間の移行期のことで、40歳代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因となる自律神経失調症に似た症候群であり、男女ともに40歳を過ぎた頃から見られる、様々な体調の不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びます。

女性の場合は、閉経期前後の約10年間に卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによって症状が現れます。男性の場合は、30歳以降睾丸ホルモンであるテストステロンの分泌が減少し始め40歳代後半で症状が現れることがありますが、女性の場合と較べ分泌量の変化が緩やかなため老化現象の一部と認識されて気付かれないことが多いです。

※閉経とは・・・子宮摘出や薬剤などの治療を行っていないにもかかわらず、月経が永久に停止することです。40歳以降で最後の月経から1年間月経がないことを確認して、初めて閉経を迎えたということになります。そのため、閉経年齢とは最後の月経があった時の年齢をいいます。

 

原因

更年期障害の主な原因は、エストロゲンの血中濃度が大きく変動しながら低下していくことです。エストロゲンは卵巣から分泌されている女性ホルモンで、更年期になると卵巣機能が低下することに伴い、エストロゲンの分泌量も減少します。これを脳が感知すると自律神経バランスに乱れが生じ、それに加えて身体的(加齢など)、心理的(性格など)、社会的(職場や家庭の人間関係など)など、さまざまな要因などが関与することで、更年期障害を引き起こすと言われています。

症状

更年期障害イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

更年期障害の症状は大きく3種類に分けられます。

①血管症状

ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、発汗など

②身体症状

めまい、動悸、胸が締め付けられるような感じ、頭痛、肩こり、腰や背中の痛み、関節の痛み、冷え、しびれ、疲れやすさなど

③精神症状

気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定、不眠など

更年期障害の特徴の一つは症状が多彩なことですが、これらが他の病気による症状ではないことを確認する必要があります。

 

セルフチェック

チェックリストの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

1 顔がほてる                   強10  中 6  弱 3  無 0
2 汗をかきやすい                 強10  中 6  弱 3  無 0
3 腰や手足が冷えやすい              強14  中 9  弱 5  無 0
4 息切れ、動悸(どうき)がする        強12  中 8  弱 4  無 0
5 寝つきが悪い、眠りが浅い          強14  中 9  弱 5  無 0
6 怒りやすく、イライラする          強12  中 8  弱 4  無 0
7 くよくよしたり、憂鬱(ゆううつ)になる   強 7  中 5  弱 3  無 0
8 頭痛、めまい、吐き気がよくある            強 7  中 5  弱 3  無 0
9 疲れやすい                 強 7  中 4  弱 2  無 0
10 肩こり、腰痛、手足の痛みがある       強7   中 5   弱 3  無 0
合計点数
小山嵩夫:日本医師会雑誌 109:259,1993 より
<更年期指数の自己採点の評価方法>
0~25 点 … 上手に更年期を過ごしておられます。これまでの生活習慣を継続しましょう。
26~50 点 … 食事、運動などに注意を払い、生活様式なども無理しないようにしましょう。
51~65 点 … 医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けたほうがよ
いでしょう。
66~80 点 … 長期間(半年以上)の計画的な治療を受けられることをお勧めします。
81~100 点 … 各科の精密検査を受け、更年期障害のみかどうかの判別を要します。もし更
年期障害のみならば専門医での長期の計画的な対応が必要でしょう。

 

施術方法

生活習慣病イラスト素材|無料素材ならフリービーAC

 

どのような病気に関しても共通していますが、生活習慣を整えることが重要です。運動を習慣化し、食事療法を行って過度の飲酒や喫煙は避け、規則正しい生活を心がけましょう。

最近では適切な運動習慣が更年期にかなり有効であることが明らかになってきました。
国内では、更年期障害を有する女性において自転車エルゴメーターによる運動、ウォーキングや水中歩行で「更年期症状の重症度を表す指数が、運動前に比べて明らかに下がった」という結果が報告されています。
海外でも同じくウォーキングを中心とした有酸素運動やヨガでも効果があったという結果が出ています。

運動の種目は楽しく無理なく継続できるものが望ましいので、若い頃から親しんでいるものがあれば、それを続けるのもいいでしょう。
具体的なプログラムとしては主運動としての有酸素運動に加えてストレッチングとウエイトトレーニングを行うのが理想的です。
有酸素運動は、酸素を十分に取り入れつつ全身の筋肉をリズミカルに収縮できるものでウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、ダンスなどがこれにあたります。

これにより

  • 体力の維持増進
  • 酸素利用率の増加
  • 脂肪代謝の促進

などの生活習慣病の予防効果もあります。

 

運動の頻度は1週間に3~4回が望ましいですが、日頃運動していない人はあまり無理をせず、各自の体調に合わせて行い、徐々に回数を上げていけば大丈夫です。

大切なのは続けることです。いくら一回の運動でしっかり身体を動かしても続かなければ意味がありません。

運動時間は運動の強度によっても異なりますが、できれば1日あたり30~60分程度行い、1週間の合計が140~160分になるように目標を立てるといいです。
運動実施時の注意としては、運動する時間帯は食事をしてから2時間後くらいがよく、早朝空腹時、食後すぐ、入浴後、飲酒後などは行わないようにしましょう。

  • 原因
    追求
  • 施術
    確認
  • 回復
    予防
1.触診・エコー検査

基本となる触診だけでなく超音波(エコー)観察装置を完備しており、靭帯・骨・筋肉の損傷部位の特定、炎症の状態などを検査することができます。
エコー検査と伴にタブレットを用いて更に細かい現在の症状・外傷についてご説明させて頂います。

2.姿勢、重心、バランスのチェック

患者様に合わせた適切な施術を行うために、身体の歪みやバランスのチェックを行います。
姿勢・関節の可動域のチェックに加えてスティムアップ(高反発マット)やバランスボードを使用し、身体の癖や重心、バランスも確認を行っていきます。

3.姿勢、重心、バランスのチェック

問診から行った検査を基に状態の説明と施術内容の確認をさせて頂きます。
特殊微弱電流治療器「アキュスコープ」「マイオパルス」で施術を行います。日本では台数がまだまだ少ない施術方法なので丁寧にご説明させて頂きます。全て説明後、施術を始めさせて頂きます。

4.施術後の状態確認と日常生活指導

施術後、身体の症状お程度や動きのチェックを行い、日常生活で行って頂きたいストレッチやケア、注意すべき点などのご説明をさせて頂きます。
ご予定に合わせて次回からの来院頻度や施術計画を再確認し終了となります。

お会計

症状によって来ていただく頻度や期間は異なりますので診察後に施術計画についてご相談させていただきます。